【歯科食育士 北冨さんに教わる発酵調味料のいろは】味噌編 ~食育Salon SAIL~

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

《ブログの最後に関西のグルメ情報誌“あまから手帖”のプレゼント情報あり!》

現役の歯科衛生士であり、自宅で発酵料理教室“食育Salon SAIL(セイル)”を営んでいる北冨さんに教わる発酵調味料のいろは。今回のテーマは『味噌』です。いつもの食事にちょっとひと手間・・・簡単で美味しい健康習慣始めませんか。

味噌について

味噌のいろは

“奇跡の発酵調味料”とも言われている味噌には健康の要“腸”を元気にする効果があります。腸内の善玉菌を活発にし、免疫力アップ・便秘改善が期待できます。また癌の発生を予防したり、血中コレステロールの上昇を抑えたりと生活習慣病のリスクを低下させる効果があるという研究報告も。味噌は食卓に欠かせない発酵食品なのです。

味噌を使ったレシピ

きゅうりの肉巻き

材料
豚バラ8枚、きゅうり2本、紫蘇8枚、味噌ダレ(味噌大さじ1.5、みりん大さじ2.5、酒大さじ1)

作り方
①きゅうりは両端をカットして半分にカット。それぞれを縦半分に切る。余分な水分が出るのを防ぐ為、種をスプーンで取り除く。

②紫蘇は茎をカットしておく。

③味噌ダレの調味料を合わせておく。

④豚バラを縦に置き、手前に紫蘇・きゅうりの順に並べ、くるくる巻いていく。

⑤巻き終わりを下にしてフライパンに並べ(豚肉から油が出るので油不要!)途中何度か回しながら3~4分程中火で焼く。

⑥余分な油を拭き取り、味噌ダレを回しがけ絡ませれば完成!

豚肉に含まれるビタミンB1には疲労回復効果、きゅうりには身体にこもった熱を排出する効果があり夏バテ防止にうってつけ。しかもきゅうりも紫蘇も生で食べられる食材なので、豚肉に火が通ればあっという間に完成!ご飯とよくあう一品なので食欲のない日にもおススメです。まだまだ残暑が厳しい今日この頃・・・。気軽に手に入る食材で夏を乗り切りましょう!!

まとめ

いかがでしたか?冬はよくお味噌汁を作るけれど、夏はあんまり・・・なんて方も多いんではないでしょうか?今回の味噌ダレは他にも色んなお料理に使えそうですね。効能いっぱいの発酵調味料『味噌』、積極的にお料理に取り入れましょう!

関連記事はコチラ

【食育Salon SAIL】歯科衛生士が教える発酵料理教室~神戸市北区~

【歯科食育士 北冨さんに教わる発酵調味料のいろは】甘酒編

編集室から読者のみなさまにプレゼント!

関西のグルメ情報誌「あまから手帖」最新号を抽選で毎月10名様にプレゼント致します。

『あまから手帖』って?

1984年創刊の月刊誌『あまから手帖』は関西を代表する “食” のマガジンです。記者が実際に足を運んで探した店、舌で確かめた味、そこで出会った技ありの料理人・・・130ページもの紙面には食に関する情報が満載!
“食いしん坊”の心をひきつけ、料理人からの信頼も厚いこの人気グルメ雑誌はDaigasグループの「クリエテ関西」が発行しています。臨場感を切り取ったリポートやシズル感溢れる写真は感動的!

最新号プレゼントの応募方法

締め切りは毎月23日。当選発表は本の発送をもって代えさせていただきます。抽選結果のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※応募にあたってご記入いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理いたします。

申し込みはこちらから

お名前*
ご住所*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
認証

The following two tabs change content below.
川波有美

川波有美

2019年入社の2児の母です。
趣味は旅行とお料理を作る事と食べる事。美味しい物を食べる為にはエンヤコラ。
クックパッドと食べログは私の癒し。
そのうち食べ歩きツアーにも行きたいな。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • instagram

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook
  • instagram

MAIN
MENU
SIDE
MENU