キッチンの奥に眠っているミキサーをもっと活用しよう!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラディッシュ企画編集室の原です。先日キッチンを片付けていたら奥から長年使わず眠っていたミキサーが出てきました。子どもが小さかった頃はバナナジュースなどでたまに活用していましたが、ここ数年は全く使用していませんでした。そこでジュース以外にも使い道ないかなぁと調べてみると色々便利な活用法があったので皆さんにもお伝えしたいと思います。

目次

  • ミキサーとは
  • ミキサーとフードプロセッサーの違い
  • 便利な使い方
  • まとめ

ミキサーとは

ミキサーとは、野菜や果物などの食材を細かく砕いて混ぜ合わせ、液体状にするための調理器具。器具の中に回転する刃がついており、スイッチを押すことによってその刃が回転し、食材が粉砕される仕組みになっている。ミキサーはドリンクだけでなく、デザートやおかずを作るのにも便利な家電です。

ミキサーとフードプロセッサーの違い

ミキサーとフードプロセッサーの違いは、食材をペースト状などの個体に変化させるのか、それとも食材から液状に近い形にまで変化させるかにあります。フードプロセッサーは、お肉をひき肉にしたり玉ねぎをみじん切りにしたい時など主に料理の下ごしらえをサポートしてくれる調理家電です。一方ミキサーは食材を細かく刻むことができ、水や牛乳などの水分と混ぜて液状に近い形にできる調理家電です。

便利な使い方

ミキサーでみじん切り
フードプロセッサーの代用として食材一つをみじん切りにできるのはもちろん、餃子のタネなどの複数のみじん切りもこれでみじん切りをするとあっという間にできます。
しかも床にこぼれず、シンクの中も余り汚れないので掃除の手間が省けます。

やり方はとっても簡単!ざく切りにしたキャベツをミキサーに入れ、水を7分目ぐらいまで入れてスイッチを入れるだけ。

混ぜる
チーズケーキなどを作る際、ボールに入れて混ぜるより、材料を全てミキサーに入れてスイッチオンすると一瞬できれいに混ざるので、あとは型に入れて焼くだけ♪

他にもカレーを作る時の野菜をミキサーにかけピューレ状にして作ると、煮込む時間の短縮にもなり、また違った食感の新しいカレーが味わえます。

まとめ

久しぶりにミキサーを出してみると意外と色々な使い方が出来て便利だなぁと思いました。このミキサーをまたキッチンの奥の方にしまい込んでしまうと出すのが億劫で使わなくなるので、いつでもすぐに使える所に置いておくことが、便利に使う秘訣だと思います。ミキサーを持っているのに何年も使わず眠っている方はぜひ一度お試しください♪

 

The following two tabs change content below.

Radish STYLE編集部

「リビングパートナー」の名前で、地域の主婦の目線で情報発信。地域の主婦ならではの視点と絆で「人」「モノ」「お店」などをご紹介しています。 運営は大阪ガスサービスショップの株式会社トムコによるものです。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • instagram
    • 現在予定されているイベントはありません
  • 2月 2024
        1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29    
    « 1月   3月 »

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook
  • instagram
    • 現在予定されているイベントはありません
  • 2月 2024
        1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29    
    « 1月   3月 »

MAIN
MENU
SIDE
MENU