インスタ映え抜群の国!タイでフォトジェニックな旅を楽しもうPart 2

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ハ~ックシュン!春の陽気に誘われてどこかへお出掛けしたいなぁ・・・と思っても花粉が怖いラディッシュ企画編集室のオハラです。この季節はスギやヒノキの花粉が飛んでいない国に行きた~い!
もうすぐ春休みだし、海外にひとっ飛び!という方もいらしゃることでしょうね。
今回は、前回のバンコク市内編に引き続き、タイの地方都市の写真スポットをご紹介しようと思います。

前回の記事はコチラ

目次

  • テントを畳む早わざを見逃すな!メークローン線路市場
  • インパクト抜群!ピンクのガネーシャ像
  • まとめ

テントを畳む早わざを見逃すな!メークローン線路市場

メークローンはバンコクから車で90分程の所にあるのどかな田舎町。そこにTVの旅番組などで紹介され、今やタイの人気観光地となった線路市場があります。
1日に8本しか通らない電車の線路を利用し、毎日そこで開かれているマーケット。果物、野菜はもちろん生のお肉まで線路ギリギリに並べられていて、その上には日除けのテントがせりだしています。

遠くの方でサイレンが聞こえたかと思うと、突然お店の人たちが台車のついた商品棚をガタガタと動かし、テントをパタパタと畳み始めます。その様子に観光客は『え?電車が来るの!?』とザワザワ。そうこうしているうちに、お店側は既にスタンバイOK。

ふと気がつくと、うわわーっ!電車はもう目の前っ!しかも、車体に引っかからない高さの商品はそのまま放置~っ(笑)

徐行しながら通る電車。乗ってる人とハイタッチできそうな距離です。

電車が通り過ぎるとまた、何事もなかったかのように商品棚とテントが元通りになり、市場が始まります。…この間ものの数分だから、ボヤボヤしてるとシャッターチャンスを逃してしまいます(>_<)
このルーティンを1日8回黙々と繰り返すタイの人達。みんなたくましいなぁ。

パッポン通り

タイの人達のたくましさを感じる場所は都心のバンコクにも。
土産物屋さんがズラリと並び、いつも観光客で大賑いのパッポン通り。お店屋さんとの値段交渉も面白いので、滞在中何回か夕食を済ませた後で買い物に行きました。でも、私はここが『ナイトマーケット』と言うことを知らなかったんです……

翌朝、同じ所を通るとこの通り!

昨日の光景は跡形もない!ビックリして思わずパチリ。ここのマーケットも毎晩毎晩、出したり片付けたりを繰り返してるんですね~。

インパクト抜群!ピンクのガネーシャ像

体長21メートルの巨大なガネーシャ像。笑っちゃいそうになるくらいポップでインパクト抜群!と、今世界中から観光客が押し寄せています。
ひょうきんで親しみやすいお姿のこの神様は、バンコクから車で約90分程の「ワット・サマーンラッターナーラーム」というお寺にいらっしゃいます。

一見「本当に神様なのか!?」と疑ってしまいそうになる風貌ですが、お詣りすれば願い事を通常の3倍のスピードで叶えてくれることで有名!
電車などでは行きにくい不便な場所だけど、インスタ目的はもちろんパワースポットとして足をのばしても損はないと思います(^^)

ガネーシャの使いのネズミたち

ガネーシャ様へ願い事を伝えるのは、台座の周りにいるネズミ達のお役目なのだそう。「あなたの願い事はなぁに?」と耳をそばだてるポーズで待っててくれるのがなんだか可愛い。

願い事は、自分の生まれた曜日の色をしたネズミの耳元に囁きます。(タイでは占いをする時に生まれた曜日が重要なので、みんな知ってるんですって)
大切な願い事をネズミさんが聞き漏らさないように、囁く方とは反対側の耳の穴を押さえるのがポイントらしいです!

蓮の花、観音様、龍などなど。ここは全てがビッグでカラフルだから、あれもこれも撮りたくなります。(写真の隅にドラえもんがいるのが見えますか?タイでも日本のアニメは大人気!でも、なぜこの場所に・・?)

ピンクのガネーシャで有名な『ワット・サマーンラッターナーラーム』は神様仏様のテーマパークのような場所でした!

まとめ

2017年の流行語大賞に選ばれた『インスタ映え』という言葉。
このブログのパート1を書いた去年の暮れには、テレビや雑誌何を見てもインスタ、インスタ・・って騒いでいたのに、年が明けた途端テレビから聞こえてきたのはなんと『インスタ萎え』という言葉でした!!!美味しそうな食事を目の前にしても、食べる前にまず写真!という行為にみんなが疲れてきたのだとか。
まぁそれもわからないでもない。ウン。でも!若者文化に追いつくぞ~!と、写真を撮りまくりブログを書いていたのに、たった3か月でそんなことに・・・
が、しかし、パート1の最後で今回の予告をした手前、勢いは止められない!ということで、これを書きました。
ほんま世の中の変化の速さに全くついていけないなぁ・・フー(><)

 

 

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
小原 由美

小原 由美

ラディッシュ企画編集室で主に、リフォーム記事、イラスト、筆ロゴを担当しています。 趣味は朗読・絵本・芝居観賞。『朗読シアターKOBE』に所属し子どもから大人の方達の元へおはなしの楽しい世界をお届けしています! 福祉住環境コーディネーター2級、カラーセラピスト、FM千里カタリスト。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム