じゃのひげ~グランドカバーとして人気~【植物画】

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

《ブログの最後に関西のグルメ情報誌“あまから手帖”のプレゼント情報があります》

四季折々に咲く草花を描き、コメントを添える「のはらからのたより」~心あたたまるメッセージをあなたに!

じゃのひげ(蛇の髭) Ophiopogon japonicus

別名:りゅうのひげ、ねこだま ユリ科 常緑多年草 開花:7~8月

《文中より抜粋》
山道の両側に群生。ランナーでふえる。庭のふちどりにも使われる。実際にはもっと多くの葉でおおわれ果実に見える青い種子は見えない。葉をかきわけると出てくる。るり色のものが果実ではなく種そのものということをはじめて知りあらためてびっくり。地面に投げつけるとはずむ。子どもの頃、すす玉といって竹筒のてっぽう玉にして遊んだという話をききました。果実のように見える種子をもつものは、ヤブランとジャノヒゲだけだそうです。花茎は扁平。花は7~8月。葉が30~40㎝もあるのでナガバノジャノヒゲかも。

《ラディッシュ企画編集室より》
「じゃのひげ」は普段からよく目にしますが、葉の下に小さな花を咲かせたり青い種子ができることを初めて知りました。種を大事に守っているようですね。

作者 浜口のぞみさん 神戸市在住

「草花の名前の由来や特質、花や実を食べる鳥や虫のこと…。環境や自然、歴史など、絵を描きながら連鎖的に様々な分野のことがわかってくるところが面白いです」。『のはらからのたより』と題する手描きの植物画は2000年から20年間(株)トムコが発行する情報紙に連載されました。

《浜口さんの植物観察写真》
~冬の赤い実シリーズ~ 2023年1月神戸市北区にて撮影《写真上》左: バラの実 右:南天
《写真下》左: くろがねもち 右:からすうり

編集室から読者のみなさまにプレゼント!

関西のグルメ情報誌「あまから手帖」最新号を抽選で毎月10名様にプレゼント致します。

臨場感を切り取ったリポートやシズル感溢れる写真は感動的!

最新号プレゼントの応募方法

締め切りは毎月23日。当選発表は本の発送をもって代えさせていただきます。抽選結果のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※応募にあたってご記入いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理いたします。

申し込みはこちらから

お名前*
ご住所*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
認証

 

The following two tabs change content below.
田嶋 直子

田嶋 直子

トムコ西鈴蘭台店・ラディッシュ企画編集室でイベントの開催、ラディッシュ新聞の発行をさせていただいています。今一番熱中しているのは、吹奏楽部でトロンボーンを演奏する娘とサッカーやスポーツで頑張る息子の応援。そして愛犬「ミク」のアレルギーの克服に奮闘中です。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • instagram

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook
  • instagram

MAIN
MENU
SIDE
MENU