なんてんはぎ(南天萩)~春の芽は山菜に!~

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

四季折々に咲く草花を描き、コメントを添える「のはらからのたより」~心あたたまるメッセージをあなたに!

なんてんはぎ(南天萩)/フタバハギ Vicia unijuga

マメ科ソラマメ属   多年草

葉が南天に似ているところからなの由来がある。
高さ50~60㎝。花期6~10月。

西神は(神出のあたり)広い田畑と大きいため池が多い。めっこう山を仰ぐこの池の周辺は草花や鳥など楽しさいっぱい。

神出町東(かんでちょうひがし)大池 2011.10.13

作者 浜口のぞみさん 神戸市在住

「草花の名前の由来や特質、花や実を食べる鳥や虫のこと…。環境や自然、歴史など、絵を描きながら連鎖的に様々な分野のことがわかってくるところが面白いです」

『のはらからのたより』は2000年から20年間、(株)トムコが発行する情報紙に連載されました。

 

ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook

MAIN
MENU
SIDE
MENU