アベマキ・クヌギの虫こぶ ~虫が作る不思議な造形物~

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

四季折々に咲く草花を描き、コメントを添える「のはらからのたより」~心あたたまるメッセージをあなたに!

アベマキ・クヌギの虫こぶ

 

虫こぶとは、タマバチ、アブラムシなどが植物体に産卵すると、その部分が異常発育をしてこぶ状のものを作る。数多い虫こぶの中には染料や薬、お酒の材料など人の生活に役立つものもある。

秋によく見るこの虫こぶは、もう少しピンク色だったりするが赤くて美しいしきれいに並んでいるこの葉を思わず描きたくなった。

☆似ている葉の区別
アベマキ…葉裏白い毛がある
クヌギ…葉裏に毛はなくつやつや光る

兵カン道から天が辻へ 2012.10.11

作者 浜口のぞみさん 神戸市在住

「草花の名前の由来や特質、花や実を食べる鳥や虫のこと…。環境や自然、歴史など、絵を描きながら連鎖的に様々な分野のことがわかってくるところが面白いです」

『のはらからのたより』は2000年から20年間、(株)トムコが発行する情報紙に連載されました。

 

ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook

MAIN
MENU
SIDE
MENU