ペットボトルのキャップでプチケーキのようなピンクッションを作りませんか?

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

41392いざ何かを修繕しようと思い立ったものの、針はどこ!?糸はどこ!?と、探すだけで時間が過ぎてしまい断念した…と言う方も多いのではないでしょうか??
そんな悩みを少しでも解決できれば…と思い、今回は、私、トムコ垂水・西神店の今井が、友人宅へ招かれた時に手土産として持って行って喜ばれているペットボトルのキャップでピンクッションを作る方法をお伝えしようと思います。

目次

  • お裁縫に欠かせないピンクッション
  • ペットボトルのキャップを使ったピンクッションの作り方
  • アレンジの参考に

お裁縫に欠かせないピンクッション

手芸や裁縫に欠かせない道具のひとつ「ピンクッション(針山)」。ピンクッションとは、お裁縫の途中、針を無くさないように安全に休めるための場所です。昔、家庭科の時間などで使ったことがある方は多いと思います。
どうせなら、自分の好きな生地やレースでお気に入りの一つをつくってみませんか?フェルトやはぎれで作れ、小さくて縫う部分も少ないので、お裁縫が苦手な方でも簡単に作れます。

ペットボトルのキャップを使ったピンクッションの作り方

【材料・道具】
・布(好みのもの)直 径7.8cmの円形を1枚
・綿 適量
・布(エコキャップの底部分) 3.5cm×3.5cm
・布(エコキャップの側面部分)(ペットボトルのふたの高さ×長さ(ペットボトルのふたの円周+1cm)
・ペットボトルのふた 1個
裁ちばさみ、糸切りばさみ、縫い針、縫い糸、木工用ボンド

【作り方】
1.布端1cm内側のところを、0.4〜0.5cmの針目でぐし縫いをする。(絵では、糸1本取りですが、より頑丈に作るためには、2本取りをおススメします)

17-03-29-11-03-37-557_deco

 

2.糸を軽く絞って布を丸くし、化繊綿をたっぷり詰め、さらに糸をぎゅっと絞る。玉留めをし、適当なところに針を出し、布の際で糸をカットする。

 

17-03-29-11-02-52-345_deco

3.ペットボトルのふたの上面(表)に木工用 ボンドをつけ布やフェルトを貼り、ふたに沿って切り落とす。

17-03-29-11-01-53-250_deco

 

4.ふたの側面全面に木工用ボンドをつけ、布をぐるっと1周貼る。布の端の処理は、0.5センチほど内側に折って針はじめの端に重ねて貼るときれいに仕上がる。

 

17-03-29-11-02-22-804_deco

5.ふたの内側全面に木工用ボンドをつけ、2を入れて押し込む。この時、絞り口が下になるように入れる。

17-03-29-11-00-59-002_deco

これで完成です☆家に余っている小さな布で作れるので、ちょっとした空き時間に作られてみてはいかがでしょうか?

アレンジの参考に

普段手芸をされない方も、いざという時のために揃えておきたいお裁縫道具「ピンクッション」。
見た目がプチケーキのようにかわいいので、テーブルや棚の片隅にちょこんと飾ってあっても癒されるデザインなのも魅力です。好きな布、アップリケ、スタンプ、レース、ボタンなど自分好みでたくさん揃えてクッキーなどの空き箱に入れるのもかわいいですよ。もちろん、同じ作り方で土台を変えても素敵です。

41391

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
今井令子

今井令子

トムコ垂水・西神店ラディッシュ企画編集室の今井です。小学生の男の子と女の子と2匹のワンコのため色々ハンドメイドするのが趣味です。人にできて自分に出来ないわけがない!と、やりたいと思ったらすぐ実践してしまうので、やって良かったこと、やっぱり無理だったことを皆さんにお伝えできれば嬉しいです。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook