世界の本田、岡崎と戦ったサッカー少年!トムコ西鈴蘭台店

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、ラディッシュ企画編集室です。今回は営業の村上俊史にインタビューしました。

Jリーグの誕生に興奮した少年時代

日本にJリーグが誕生したのは村上が小学生の頃。サッカー選手は少年達の憧れだったという。彼も小学校のサッカー部に入って毎日ボールを蹴っていたんだとか。当時の憧れの選手は?「やはり三浦知良」。ラモスや武田がいたヴェルディを応援していたそうです。

中学では勿論サッカー部に所属。彼が入部した中高一貫校の「高知高校サッカー部」は高知県下の4強の一つと数えられ、全国高等学校サッカー選手権や高校総体にも出場する強豪校でした。

村上のポジションはミッドフィルダー。「左足のキックが私の自慢」手は右利き、足は左利きなのだそう。ゴールキーパーを惑わせる黄金のキックが彼の技!

高校時代はインターハイ出場!

高校時代はインターハイ(高校総体)、冬の全国高等学校サッカー選手権共に出場。インターハイでは星稜高校と戦って駒を進めた。相手方にはなんと本田圭佑(一年生出場)がいたというから驚き!次の相手、滝川第二高校に惜しくも敗れベスト16に。その時滝二には、これまた日本代表の岡崎慎司選手がいたそう。ワオーッ!
「私はベンチでしたが….」サッカーへの熱い思いは誰にも負けてはいない!

サッカーの魅力は?

一人がボールを保持する時間はとても短く、試合中はほとんど走りっぱなし。その中で的確な状況判断が必要で、チームメイトとその判断を共有しゴールに結び付いた時は「快感です!」。

小・中・高、大学(サークル)で培った体力は?「今はもう貯金ゼロですよ~。気持ちはいつだって全開ですけどね」。

今、応援している選手は?

18才の天才、久保建英選手。「彼も左利きのキッカーです」。状況判断が半端ないと思います。これから技術を磨いていけば、世界のトップになれるかも!楽しみですね♪

済ミカタサービス

ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook