【マンションリフォーム事例】~ガス暖炉設置編~こだわりの自分スタイルへ

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

《あなたの暮らしをより豊かに快適に》㈱トムコが手掛けたリフォーム事例をご紹介致します

神戸市 H邸 Vol.1

新築マンションを購入された施主のH様。入居前にひと手間加え、家全体をトータルにコーディネートして欲しいとのご依頼でした。設計を担当したのは当社リフォームアドバイザーの白石彩。H様の一番のご希望はガス暖炉の設置でした。
スタイリッシュ且つくつろぎの空間になったリビングの様子をご覧ください。
お部屋の色味は抑えたグレーで統一することをご提案。画一的なマンションの内装から一歩抜け出た、風格のあるリビングが誕生しました。

☆ H邸 Vol.2 ダイニングキッチン&トイレ内装編はコチラ

リビング壁面造作 ビフォーアフター

【BEFORE 】 

【AFTER】

梁(壁の上部の出っ張り)をいかし、LEDの間接照明を設置。また、暖炉を設置するための壁を造作し両サイドにLEDライトを取り付けました。

住宅建材 LIXIL エコカラット ~ストーングレース~

真っ白だった壁面に、現代の土壁と呼ばれる高機能壁材のエコカラットを施工。大きな砂岩のような流れ模様が、ハイグレードな空間を印象づけます。
壁には飾り棚を造作。背面に鏡を取り付けることで奥行き感を演出できます。

海外で購入したヴェネチアングラスなどがより際立ちますね。

ガス暖炉 DANROX プラハ320M

天然大理石(ビアンコカララ柄)のマントルピースに、ファンヒータータイプの暖房ユニットを組み合わせたガス暖炉を設置しました。

この開放式暖炉は、屋内の空気を取り込みガスで温めた空気をファンで排出するファンヒータータイプ。煙突が必要ないので、条件が整えばマンションにも設置することが可能です。
薪は本物そっくりのセラミック擬木を用いているので燃えることはなく「くべる」必要もありません。

ガス暖炉って

[薪暖炉や薪ストーブなどのような、薪の用意、着火や消火までの時間、面倒な燃えカスの廃棄、大掛かりで大変な煙突の掃除などを解消し、ワンプッシュで素早く、美しい炎と暖房効果が魅力です。
お客様により安心してお使いいただけるよう、立消え安全装置、加熱防止装置、チャイルドロックなど、様々な安全装置が装備されています。ダンロックスHPより)]

インテリアになる暖房器具

そこにあるだけで風景に趣きが生まれるガス暖炉。「暖炉」と聞くとなかなか敷居が高く感じられるかもしれませんが、こちらの製品なら1時間ほどで設置することができます。また、ファンヒーターとは違い、オフシーズンに片付ける手間もいりません。
マントルピースは飾り棚としても使うことができ、大理石であれば夏場でも涼しげにみえます。
過去に設置された施主様からは「住宅としての資産価値が上がると考えている」と言う嬉しいお言葉も頂戴しています。

設計担当者 白石 彩

H様は6年以上前から担当させていただいているお得意様です。
ご多忙なH様が、仕事モードをオフにして、心からくつろげるようにと、インテリアも含めてトータルにご提案させていただきました。
炎のゆらぎは見ているだけで癒されます。工事完成後は時間を忘れるほど見入ってしまいました。
暖炉を囲めば、おしゃれなカフェへ行かなくても自宅で贅沢な気持ちに浸れることを実感し、いつか自分の家にも導入できたら・・・と思うほど虜になってしまいました。
これからも、施主様のこだわりや美意識など、どんなことにもお応えできるプランナーでありたいと思います。

☆ H邸 Vol.2 ダイニングキッチン&トイレ内装編はコチラ

施主さまからひとこと

壁や床の仕様は、マンション建設中にパッケージプランがいくつか提示されていたのですが、なかなか納得できるものがありませんでした。私が理想とする落ち着いた空間を形にするには、私の好みを熟知した方にお願いするのが一番と思い、トムコの白石さんに依頼しました。
白石さんに相談すると、いつも私が想像する以上の空間に仕上げてくださるので大満足しています。信頼のおける担当者さんに出会えて、本当に良かったわ。

お住まいに関することならどんなことでもお気軽に♪

The following two tabs change content below.
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook

MAIN
MENU
SIDE
MENU