神戸お勧めランチ リーズナブルな本格広東&飲茶【香港茶楼】

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

店内に一歩入ると厨房から広東語が聞こえてきて、まるでそこは香港!神戸元町にある老舗の中華料理店“香港茶楼(ほんこんちゃろう)”をご紹介します。最後に関西のグルメ情報誌“あまから手帖”のプレゼント情報あり!

香港茶楼HPより

神戸で中華というと南京町が有名ですが、このお店はそこから少し離れたトアウエストの一角、JR線高架の北側の通りにあります。セブンイレブンが入ったビルの、2階フロア全部が “香港茶楼”。入口が2ヶ所あり、ビル西側は階段、JRの高架に面した入口はエレベーターで上がるようになっています。

私の一番のオススメは、リーズナブルなお値段で本格広東料理が楽しめる“飲茶ミニコース(一人前1650円 (税込))”です。
最初に運ばれてくるのは、小さなセイロに入った4種の蒸し物。豚肉焼売・牛肉焼売・海老餃子・海老といんげんの水晶餃子・・熱々もちもちの中にそれぞれの素材の味を感じます。

お次は、大根餅・春巻き・ゴマ団子・鶏と海老の五目餅、そして海老の腸粉。

一緒に行った友人が「香港で食べた味にやっと出会えた~!」と感激していたのが“腸粉”。米粉でできたもっちりした皮の中に海老などが入っていて、香港では朝食などでよく食べられる定番料理です(名前の由来は見た目が豚の腸に似ているから)。お店の方によると数ある神戸の中華料理店の中でも、本格的な“腸粉”を提供しているお店は少ないのだそう。

最後のひと品は炒飯か、餡かけ焼きそばから選べます。私は友人とそれぞれシェアしました。焼きそばの写真は撮り忘れてしまいましたが、海老、青梗菜、白菜、きくらげ、ふくろ茸、ヤングコーンなど具がいっぱい入った餡がかかり、食べごたえがありました!計10品でお腹いっぱい!コスパ抜群!

ゆ~っくりしたテンポで飲茶を運ぶおばあちゃんと、のんびりとレジを守るおじいちゃん。(レジの横には谷村新司さんなど有名人が訪問した時の写真がいっぱい!) 戦後、このお二人が香港から渡ってきて『香港茶楼』を開き、今は息子さん夫婦が経営を引き継いでおられるそうです。家族経営ならではのおおらかな温かい空気と広東語が飛び交う活気に満ちた『香港茶楼』。皆さんぜひ本場の味を食べに訪れてみて下さい!

香港茶楼HPより

香港茶楼
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通3-2-3 ニューグランドビル2F
電話:078-391-5454
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00 (L.O.20:30)
定休日:水曜日
HP:https://www.hk-charo.com/

編集室から読者のみなさまにプレゼント!

関西のグルメ情報誌「あまから手帖」最新号を抽選で毎月10名様にプレゼント致します。

『あまから手帖』って?

1984年創刊の月刊誌『あまから手帖』は関西を代表する “食” のマガジンです。記者が実際に足を運んで探した店、舌で確かめた味、そこで出会った技ありの料理人・・・130ページもの紙面には食に関する情報が満載!
“食いしん坊”の心をひきつけ、料理人からの信頼も厚いこの人気グルメ雑誌はDaigasグループの「クリエテ関西」が発行しています。

臨場感を切り取ったリポートやシズル感溢れる写真は感動的!

最新号プレゼントの応募方法

締め切りは毎月23日。当選発表は本の発送をもって代えさせていただきます。抽選結果のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※応募にあたってご記入いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理いたします。

申し込みはこちらから

お名前*
ご住所*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
認証

The following two tabs change content below.
Radish STYLE編集部

Radish STYLE編集部

「リビングパートナー」の名前で、地域の主婦の目線で情報発信。地域の主婦ならではの視点と絆で「人」「モノ」「お店」などをご紹介しています。
運営は大阪ガスサービスショップの株式会社トムコによるものです。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • instagram

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook
  • instagram

MAIN
MENU
SIDE
MENU