つるにんじん( 蔓人参)~別名は爺さんのそばかす?~

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

神戸で咲く四季折々の草花を描きコメントを添えた「のはらからのたより」~心あたたまるメッセージをあなたに!~

つるにんじん(蔓人参) Codonopsis lanceolata

(別名:ジイソブ)ききょう科つるにんじん属 つる性多年草 花期:8~10月

キノコを採りに行った山の友人からおみやげにいただく。ほかにキクラゲ、ヤマカマスもいただく。

根が朝鮮人参に似ていることによる。ツルニンジンより小型のバアソブに対してジイソブともいう大型の花。ソブは木曽地方の言葉でソバカスのこと。斑点があるところから。おしべは5つある。あまり見えなかった。

明日は秋の草花を見ながらスケッチもする会を引き受ける。準備に忙しい。この美しい花を描く時間がない。しかし花は待ってくれんけん…睡眠を削って描く。

谷山川沿い(兵庫カントリー道)奥 2012.9.28

作者 浜口のぞみさん 神戸市在住

「草花の名前の由来や特質、花や実を食べる鳥や虫のこと…。環境や自然、歴史など、絵を描きながら連鎖的に様々な分野のことがわかってくるところが面白いです」。

『のはらからのたより』は、2000年から20年間(株)トムコが発行する情報紙に連載されました。

 

ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook

MAIN
MENU
SIDE
MENU