《岸本先生の人生いろいろ》神戸市在住の児童文学者のつぶやき~感受性を大切に

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

《ブログの最後に関西グルメ情報誌“あまから手帖”のプレゼント情報あり!》

「人生いろいろ」は児童文学者の岸本進一さんによるコラムです。1996年から㈱トムコ発行の情報紙に掲載された140編の中から抜粋して随時皆様にお届けします。
今回は1999年11月のコラムです。

いきなり問題です。次の〔  〕によいことばを入れてください。
そっとうた  谷川俊太郎
そうっとそっと/〔 ① 〕に/ゆきふるように
そうっとそっと/〔 ② 〕が/そらとぶように
そうっとそっと/こだまが たにまに/きえさるように
そうっとそっと/ひみつを みみに/ささやくように

紙面の都合上改行もせず、節の行開けもしていない。私はこの問題を小学生から大学生にまで、良く授業で取り扱う。

国語科では美術や音楽と同じように、答えが一つではない場合がある。谷川俊太郎はどういう言葉を使ったかと問うなら、答えは一つだ。それを学習することも大切だが、自分らしさを磨くために、自分ならどういうことばを入れるかを考えることはもっと大切なことだと思っている。

先日大学でこの問題をした後、谷川俊太郎のことばを発表すると、一斉に筆箱を開け、メモする姿が見られた。受験国語に慣れてきた彼女達は一つの答えが見つからなければ落ち着かないのだ。勿論この問題を楽しんでいる子もいる。しかし、考えても何も出てこないという感受性のやせ細ってしまった子も多い。良い成績をとることに力を入れ、一つの答えを出すことにあくせくしていると、感受性は痩せる。メダカの群れのように、集団からはみ出ることを恐れていても同じだ。感受性が痩せ細るということは、言い換えれば自分ならこうするという意思が希薄になっていくということになる。

世の中で起こる様々な問題は、答えが一つということは少ない。多角的にその問題をとらえ、自分ならどうするかを考えなければならない。そんな力の弱くなった指導者、教師、大人が多くなっているような気がするのだが、どうだろうか。

ちなみに、谷川俊太郎は①には〔うさぎの せなか〕②には〔たんぽぽ わたげ〕を入れている。みなさんはどんなことばを選んだでしょうか。

編集室から読者のみなさまにプレゼント!

関西のグルメ情報誌「あまから手帖」最新号を抽選で毎月10名様にプレゼント致します。

臨場感を切り取ったリポートやシズル感溢れる写真は感動的!

最新号プレゼントの応募方法

締め切りは毎月23日。当選発表は本の発送をもって代えさせていただきます。抽選結果のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※応募にあたってご記入いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理いたします。

申し込みはこちらから

お名前*
ご住所*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
認証

The following two tabs change content below.
今井令子

今井令子

トムコ垂水・西神店ラディッシュ企画編集室の今井です。小学生の男の子と女の子と2匹のワンコのため色々ハンドメイドするのが趣味です。人にできて自分に出来ないわけがない!と、やりたいと思ったらすぐ実践してしまうので、やって良かったこと、やっぱり無理だったことを皆さんにお伝えできれば嬉しいです。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • instagram

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook
  • instagram

MAIN
MENU
SIDE
MENU