さねかづら(実葛)~有名な句を思い出す~

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

四季折々に咲く草花を描き、コメントを添える「のはらからのたより」~心あたたまるメッセージをあなたに!

さねかづら(実葛)/ビナンカヅラ(美男葛) Kadsura Japonica

モクレン科サネカヅラ属   常緑つる性低木 実:10~12月

「名にし負わば逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな」三条右大臣【百人一首より)

有名な句のさねかづらです。茎に粘液を含むのでその昔整髪料に使ったことから美男かづらの名がある。
つる性の常緑樹。虫の宝石といわれるキベリハムシの食草。キベリハムシは近年減ったそうです。花はうす黄色で厚い。中心部、おしべ(?)赤い。有野町田んぼにてスケッチ

今年の夏の終わり(2005年)垣根にビナンカヅラの花が咲いた。うれしくなる。いつのまにか茂ったこの木にこの2~3年花を見たことがなかったから。みどり色の小さい実がついている。赤く大きくなるのを待っている。
2005年11月

作者 浜口のぞみさん 神戸市在住

「草花の名前の由来や特質、花や実を食べる鳥や虫のこと…。環境や自然、歴史など、絵を描きながら連鎖的に様々な分野のことがわかってくるところが面白いです」

『のはらからのたより』は2000年から20年間、(株)トムコが発行する情報紙に連載されました。

 

ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • instagram

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook
  • instagram

MAIN
MENU
SIDE
MENU