お酒飲む前の対策と飲んだ後の良い(酔い?)対処法

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

梅酒をこよなく愛する くずは・京田辺店の森です。もうすぐ12月、忘年会やパーティーなどお酒の席が増える時期ですね。
美味しいモノを食べながら、気の合う仲間とワイワイ!楽しくなると ついついやっちゃう“飲み過ぎ”…
次の日もなかなか酔いが醒めず、なんだかぐったり…みなさんもそんな経験ありませんか?
今回はお酒の酔いについて調べました。

目次

  • 悪酔いする原因とは
  • 酔わないようにするための対策
  • 酔いが楽になる対処法
  • まとめ

悪酔いする原因とは

酔いの原因となる『アセトアルデヒド』。体に吸収されたアルコールは、肝臓で『アセトアルデヒド』⇒さらに『酢酸』に分解⇒最終的には水と二酸化炭素に分解され体外へ排出されます。
分解されるまでに時間がかかるので、アルコール成分が血液に流れ全身をめぐり脳神経を麻痺させる。これが“酔う”という状態になるのです。お酒が強い人は『アセトアルデヒド』を分解する能力が強い、というわけです。

酔わないようにするための対策

まず大事なのが、空きっ腹で飲まない!お酒を飲む前は空腹を避けて必ず何か胃にいれておくこと。
そしてお酒のちゃんぽん(複数の種類のお酒を飲む)をしない!化学的根拠はないようですが、同じお酒を飲んでると飽きがくる⇒違う種類のお酒が欲しくなる⇒結果、アルコールの量が増える。ということから、悪酔いにつながります。

*酔いを助けてくれる食べ物

乳製品(チーズ・ヨーグルトなど)、ナッツ類、豆腐、魚介類(あさり・しじみなど)、野菜ではブロッコリー・トマト・キャベツ・枝豆、カレーなど。

肝臓内の酵素の活性を高めたり、栄養成分が肝臓の負担を軽減してくれる。

酔いが楽になる対処法

*酔っちゃった…という方は

・チョコレートやハチミツ⇒糖分はアルコールを分解する
・スポーツドリンクを飲む⇒水よりも素早く水分を吸収する
・オレンジジュース、グレープフルーツジュース果汁100%を飲む⇒アルコールの分解を早めてくれる効果がある。その効果は水の約3倍!
・大きく深呼吸をする⇒血液の循環をよくするために大きく深呼吸をする。息を吸って最後までしっかりと吐くことを意識する。
・酔いに効果的なツボ⇒手のツボ(合谷ゴウコク)を押しながらゆっくり深呼吸する。合谷は、手の甲の親指つけ根と人差し指の間。

※効き目は個人差があります。また、酔いがひどい時は急性アルコール中毒の恐れもありますので注意してください。

まとめ

酔っていてもすぐに寝ない⇒寝ることによって肝臓や腸の働きが一時休止してしまうので、水分をとりながらまずは落ち着かせましょう。
酔ったあと、すぐに電車など乗り物に乗らない⇒普段は乗り物酔いがない人も、酒酔いとの両方が合わさると相乗効果で三半規管が弱くなります。酔いが醒めるまで時間をあけてください。

まわりに迷惑をかけないよう、“大人な飲み方”をしてね!といつも主人には話しています。
飲むお酒の量『これ以上はヤバイ』ということを知るのも大事じゃないでしょうか。一緒に飲む人も自分も、楽しくお酒が飲めるといいですね。そしてたまには休肝日も忘れずに。。。

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
森 美津穂

森 美津穂

2016年9月株式会社トムコくずは・京田辺店ラディッシュ企画編集室の立ち上げとともに活動スタートとなりました。 休日は少年野球をしている息子の応援へ行ったり、友人とカフェや雑貨巡り、暇なときは100均の店内を1〜2時間あてもなく(?)ぶらぶらするのが好きです。 自分の持っているものを最大限に活かせるよう頑張っていきたいと思います。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム