今一度、爪の健康チェック!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

くずは・京田辺店の森です。
みなさんは爪で悩んだことはありませんか?
私は爪が弱く よく割れたり欠けたりします。これからの季節、乾燥もするので特に気をつけたいもの。
爪は健康のバロメーターとも言いますよね。日頃のお手入れで爪はキレイに保つことができます。
今回は爪について調べてみました。

目次

  • 爪が弱くなる原因とは
  • 爪のトラブルでわかる健康状態
  • 爪のケア方法
  • まとめ

爪が弱くなる原因とは

*乾燥
*洗剤などを使用することによる水分不足や手荒れ
*栄養不足や睡眠不足
*冷え性による血行不良
*ネイルを頻繁につけている
*加齢による老化

爪のトラブルでわかる健康状態

一般的に良いとされるのは爪全体がうすいピンク色、これは血液の流れが良い状態を表す。
栄養素が満たされ新陳代謝が良いと、爪の伸びが早いそう。

*爪に横ジワ→貧血・糖尿病など
*爪の中央がくぼむ、爪先が薄く剥がれる→貧血・栄養不足など
*指先を覆うように爪が曲がっている→主に肺と肝臓の病(肺がん・肺炎・肝硬変など)
*爪に薄い縦線→加齢
*爪の色が変色
◦白→貧血・主に肝臓と腎臓の病(肝硬変・腎不全など)・糖尿病・爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)
◦青紫→血行不良・肺疾患・心臓疾患など
◦赤→多血症・心筋梗塞・ガンジタ感染など
◦黄→主に心臓と肺の病(心臓病・肺炎など)
◦黒→アジソン病・肝性ポルフィリン症(または急性ポルフィリン症)・造血性ポルフィリン症(または皮膚性ポルフィリン症)など
◦黒の縦線→炎症・内出血・皮膚がんなど

これらはあくまで一例ですが、気になる方は皮膚科・内科等の受診をおすすめします。

爪のケア方法

①爪切りはなるべく使わず、ヤスリやネイルファイルで長さを整える。
⇒爪切りは爪の曲線に対し 真っ直ぐに切ってしまうので二枚爪の原因に。爪切りを使う場合は、入浴後など爪がやわらかいときに。
②爪の生え際マッサージ(爪もみ)
⇒副交感神経が刺激され血行がよくなる。
③ベビーオイルやキューティクルオイルを塗る
⇒栄養分を補強、健康で丈夫な爪をつくる。
④ハンドクリームを塗る
⇒手だけではなく爪の根元まで丁寧に。乾燥を防ぐためにも水仕事のあとは必ずつける。
⑤たんぱく質・コラーゲンを摂る
⇒爪はほとんどが たんぱく質(ケラチン)でできているので、豆腐や納豆など大豆製品を摂る。コラーゲンは鰻、鶏肉や豚肉などを摂る。
⑥規則正しい生活を
⇒バランスのよい食事、しっかり睡眠をとる。

まとめ

指先は意外と人からみらていることが多いです。カサカサしていたり 爪が汚れていたり お手入れが行き届いていないと、印象が悪くみえてしまうことも…。日頃のちょっとしたケアでキレイな指先を保ちたいですね。
ちなみに私は 水仕事後の手荒れ専用クリーム・お気に入りの香りのハンドクリーム・リラックス効果のアロマオイルなど使い分けをしてケアを楽しんでいます。
手荒れゼロ!を目指して、みなさんも爪のお手入れをぜひやってくださいね。

 

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
森 美津穂

森 美津穂

2016年9月株式会社トムコくずは・京田辺店ラディッシュ企画編集室の立ち上げとともに活動スタートとなりました。 休日は少年野球をしている息子の応援へ行ったり、友人とカフェや雑貨巡り、暇なときは100均の店内を1〜2時間あてもなく(?)ぶらぶらするのが好きです。 自分の持っているものを最大限に活かせるよう頑張っていきたいと思います。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム