どこのパンが美味しい?「PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)」vs「泉北堂」vs「パンドゥダン」 vs 「DEAI THE BAKERY(デアイ・ザ・ベーカリー)」

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは。新緑の季節になり毎日外に出かけるのが楽しくなりますね。サンドイッチを持ってハイキングに行きたいなぁ~と思っているラディッシュ企画編集室の田嶋です。
以前、パンのブログを書いたのですが、トムコ西鈴蘭台店では「美味しい食パン」を巡って面白い論争が巻き起こり、食パンの食べ比べをすることに…。
このおかげで私たちスタッフは美味しいパンをたくさん食べられたので報告しますね。
食パン対決の話をする前に最近食べた美味しいパンからご紹介♪

目次

  • 西鈴蘭台店営業マン、岡本のさらに一押し
  • 神戸大丸店のベーカリーマルシェ出店、泉北堂の「極(きわみ)」食パン
  • 西鈴台店、受付の女性スタッフの譲れないおすすめ食パン
  • 西鈴蘭台店、立花店長参戦!おすすめの食パンは?
  • 食パン対決!結果はいかに?
  • まとめ

西鈴蘭台店営業マン、岡本のさらに一押し!

前回、営業の岡本が「これまでの人生でサイコーのパン!」と買ってきてくれたのがロールケーキで有名な「PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)」の❝クグロフ・サレ❞。バターたっぷりのリッチな生地に塩の効いたベーコンとエシャロットの甘みが絶妙な相性の塩系のクグロフです。パンというよりおやつ感覚でいただけてふんわり柔らかく味わいのある美味しさでした。

「es koyama」HPより
クグロフ・サレ:864円

すると最近、「実は僕のNo.1は別にあるんですよ」と教えてくれたのが「 PATISSIER eS KOYAMA(パティシエ エス コヤマ)」の❝プラランルージュ❞という発酵菓子。ホワイトデーのお返しに男性社員から女性スタッフ全員に一つずつプレゼントしてくれたんです♪

見た瞬間「うわ~っ」驚くほど鮮やかな赤色!ベリー系の味を連想させ酸っぱいんだろうなぁ~と覚悟して口に入れた瞬間「香ばしくて美味しい♪」意表を突いた味なんです。赤いところが実はアーモンドなんですって。

ブリオッシュ生地にクリスタリゼ(砂糖を結晶化すること)したアーモンドが散りばめてあり、カリッとしたナッツの歯ごたえと砂糖の甘みがほどよく、いくらでも食べられる感じです。

「 PATISSIER eS KOYAMA」のシェフがフランスで食べた味にヒントを得て作ったそうで、まるで宝石箱をひっくり返したような美しいパンです♪ひとつ1080円。

「 PATISSIER eS KOYAMA」の店舗情報

所在地:三田市ゆりのき台5-32-1
TEL:079-564-3192
定休日は毎月変わる
営業時間:10時~18時

詳しくはコチラ

神戸大丸店のベーカリーマルシェ出展、泉北堂の「極(きわみ)」食パン

先日、人気のパンが勢ぞろいした大丸神戸店の「べ―カリーマルシェ」に行ってきました。イベントホールにズラリと出展されたパン屋さんにワクワクしながら歩いていると…。次から次へと食パンが売れているお店を発見しました。その名も泉北堂の❝極(きわみ)食パン❞。いろいろなメディアで取り上げられていて美味しいと評判の食パンなんです。持ってみるとずっしり重いのですが口に入れるととにかくふっわふわでもっちもちです!

「中種発酵法」という独自の発酵法でもっちり感を出しているのだとか。気温や湿度、小麦の状態に合わせて職人さんが目と耳で発酵状態を確かめながら長時間発酵させているのが泉北堂のこだわりだそうですよ。

ちぎるとこの通り

とても人気があるので本店に買いに行く時は事前に予約しておくのがベストですよ。
食パン以外にもいろんな種類のパンが置いてあり、店内のカフェスペースでドリンクと一緒にイートインすることも。

❝極(きわみ)食パン❞は、大丸神戸店の地下1階で毎週火曜日に限定販売を行っているそうです。ネットでも購入できるので、わざわざ堺市まで足を運ばなくていいのが嬉しいですね。(1本658円+税)

「泉北堂」の店舗情報

所在地:大阪府堺市南区和田東329-2
TEL:072-230-1331
定休日:毎月第2火曜日
営業時間:9時~18時
駐車場完備

詳しくはコチラ

西鈴蘭台店、受付の女性スタッフの譲れないおすすめ食パン

前回のブログにも載せましたが「おいしい食パンはココしかない!!」という受付スタッフの一押しが神戸市西区にある「パンドゥダン」。
米粉を使用した❝もっちり食パン❞がすごく人気なんです。すぐに売り切れてしまうので必ず予約してから買いに行ってくださいね。

もっちり食パン:1本870円、2食290円
とうふ食パン:2枚入り110円

「パンドゥダン」の店舗情報

所在地:神戸市西区伊川谷町有瀬1438-7
TEL:078-220-3809 火・水曜日定休
営業時間:10時半~19時
駐車場1台あり

詳しくはコチラ

美味しいパンを紹介した前回のブログはコチラ

西鈴蘭台店、立花店長参戦!おすすめの食パンは?

「ホンマに美味しい食パンはココや~!!」と立花店長が教えてくれたのが大阪府和泉市にある食パン専門店「DEAI THE BAKERY(デアイ・ザ・ベーカリー)」。

耳までふんわり柔らかくて焼かずにそのままいただくのが一番美味しい食べ方なんだとか。一度食べたらやめられなくなりそう。店内にズラリと並んだ食パンは売り切れ次第終了になるそうです。カフェスペースもありトーストとドリンクを頂くことも。


低温熟成させた酵母に、カナダ産最高級小麦と北海道産高級生クリームなどこだわりの素材を使いバターをたっぷり使用した食パンは、卵や添加物を一切使用していないので、子どもから高齢の方まで安心して食べることができるそうです。このフワッフワ感やみつきになりそうです♪

「DEAI THE BAKERY(デアイ・ザ・ベーカリー)」の店舗情報

所在地:大阪府和泉市寺田町2-1-8 1階
TEL:0725-38-5980 月曜日定休
営業時間:9時半~18時(売り切れ次第終了)

食パン対決!結果はいかに?

「美味しいのは絶対ココ!!」「いやいやこっちの方がオイシイ!」と立花店長と受付スタッフが譲らないのでそれなら…と店内で食べ比べをしてみることに。一枚の食パンを4等分しガスコンロのグリルで焼いて男性8名、女性6名で試食しました。すると面白い結果が…。

結果は7対7の同点。 なんと女性全員が受付スタッフの薦める「パンドゥダン」だったんです。そして男性は一人を除いて「DEAI THE BAKERY(デアイ・ザ・ベーカリー)」でした。どちらのおすすめパンか分からないようにしたので忖度はなかったんですよ。
女性が口をそろえて言っていたのはパンの甘みがいつまでも口の中に残っていたということ。対する男性陣はみんな口当たりがよくて柔らかいということでした。女性は味、男性は食感重視ということでしょうか?不思議ですね。

本当に甲乙つけがたい対決で本当にオイシイ…いや、おしい勝負でした。

まとめ

最近のブームなのか、食パン専門店をよく見かけるようなりました。「少し値段が高くても美味しいパンが食べたい!」そんな人が増えてパン屋さんが増えることはパン好きな私にとっては嬉しい限りです。味の感じ方は人それぞれ違うからこそいろいろなお店が試行錯誤を繰り返して美味しいものを生み出してくれるんですよね。また機会があったら他のパン屋さんの食べ比べ対決をしてみたいです。

余談ですが、この対決をした後もスイーツ男子の岡本は「やっぱりプラランルージュが1番!」と言っていました(^^♪ こちらもぜひ食べてみてくださいね!!

 

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
田嶋 直子

田嶋 直子

トムコ西鈴蘭台店・ラディッシュ企画編集室でイベントの開催、ラディッシュ新聞の発行をさせていただいています。今一番熱中しているのは、吹奏楽部でトロンボーンを演奏する娘とサッカーやスポーツで頑張る息子の応援。そして愛犬「ミク」のアレルギーの克服に奮闘中です。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム