COMING KOBE(カミコベ)‘18へ行ってきました

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

気持ちの良い季節になり、色々な所に出かける事が楽しみなラディッシュ企画編集室の今井です。今回は、先月末に行ってきた神戸のチャリティイベント COMING KOBE18に行ってきたのでご紹介したいと思います。

目次

  • COMING KOBE(カミコベ)って?
  • 震災について改めて考えるきっかけに
  • どんなアーティストが出演してる?
  • まとめ

 

COMING KOBEって?

阪神・淡路大震災の復興支援に対する被災地からの恩返しとして、2005年から毎年行われてきた「GOING KOBE」を2010年に改名しスタートしたチャリティ音楽イベント。100組以上のアーティストが出演する日本最大級のチャリティフェスです。今年2018年は4月28日(土)と29日(日)の2日間みなとのもり公園にて開催されました。参加費無料(事前に入場券を取る必要はあります)なので、会場では募金をたくさんしましょう。各エリアで募金箱を持ったボランティアさんが立っていたり、チャリティリストバンドを売っていたり。

会場内でのフードやドリンクは全て寄付に繋がるので、持ち込まず会場で購入。

募金の使い道は被災地の子供たちへの支援に充てられています。熊本の小学校の校庭に遊具を建てたり、一輪車を寄贈したり。。。「外で遊ぶことが少なくなってしまった子供たちにとって素晴らしい贈り物」と熊本の小学校の校長先生がテレビで言っていたのをとても印象深く覚えています。

震災について改めて考えるきっかけに

阪神淡路大震災を風化させず語り継ぎ、神戸からの恩返しとして被災地支援を行い神戸の魅力を伝えることがこのイベントの最大のテーマ。

防災・減災・そして震災から一人でも多くの方に〝気付き″の〝きっかけ″を作ることを目的として被災地支援や震災について考えるきっかけを作るブースも設けられています。阪神淡路大震災の時の被災地の様子がパネルになっているブースがあり、震災を知らない子供達に改めて教えてあげるきっかけになりました。

どんなアーティストが出演してる?

神戸を拠点として活動するバンドや神戸出身のバンド、復興支援に力を入れている全国で活躍しているバンドなどが出演しています。有名なロックバンドが多くみられるだけあって、毎年大盛況です。今年は、SIMやキュウソネコカミ、NAMBA69、ワタナベフラワー、SHANK、GOOD4THING、HEY SMITH、ROTTENGRAFITY、かりゆし58、175riderなど多くの有名アーティストが終結!!2日間大盛況でした。

まとめ

毎年とても興味はあったのですが、なかなか子供も小さい事もあり参加できなかったカミコベ。神戸ポートアイランドにあるワールド記念ホールで行われていましたが、今年はみなとのもり公園で開催された事もあり子連れで初参戦してきました。

今回のオフィシャルビールであるオリオンビール。1杯500円でチャリティにも協力できとっても美味しかったです。フードも充実していて子供も大満足。

来年も是非参加したいです。

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
今井令子

今井令子

トムコ垂水・西神店ラディッシュ企画編集室の今井です。小学生の男の子と女の子と2匹のワンコのため色々ハンドメイドするのが趣味です。人にできて自分に出来ないわけがない!と、やりたいと思ったらすぐ実践してしまうので、やって良かったこと、やっぱり無理だったことを皆さんにお伝えできれば嬉しいです。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook