ビートルズの名曲が今よみがえる“ザ・リターン”ジャパンツアー

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The Return 公式HPより

The Return 公式HPより

※イベントは終了しました

暦のうえでは立春が過ぎ、そろそろ春に向けての準備を始めたいなと思っている くずは・京田辺店の森です。
とは言え、まだまだ寒い日や底冷えする日もあってなかなかカラダがシャキッと目覚めてくれない…こんなときは好きな音楽でも聴きながら充実した一日を過ごせたらいいですよね。そこで今回はココロもカラダも踊る⁉ステキなおでかけ情報です。

目次

  • 世界中で今も愛されている伝説のバンド、ビートルズ
  • アメリカ出身、ビートルズのコピーバンド “The Return” (ザ・リターン)
  • 枚方でライブ公演
  • まとめ

世界中で今も愛されている伝説のバンド、ビートルズ

ザ・ビートルズ アルバム アビイ・ロード(Amazonより)

ザ・ビートルズアルバム アビイ・ロード  (Amazonより) ここを訪れるファンが同じように写真撮影をするそう

 

60年代に一世を風靡したイギリスのバンド、ザ・ビートルズ。1962年デビュー、1970年には事実上の解散、バンドとして活動した期間はわずか8年ほど。その後も個々で活動していますが、その名はあまりにも偉大すぎ。
私は生まれる前のことなので、テレビなどで観る昔の映像でしか知りません。中でも印象的なのが1966年6月に初来日したメンバーが飛行機のタラップを降りる場面。日本中が熱狂したと言われていますが、映像をみていると時代を感じさせてくれます。
ビートルズの音楽は私が幼かった頃、父が家でよくレコードをかけていたのでなんとなく耳にはしていました。大人になってから自分でベスト盤のCDを買って聴くようにもなり、TVやCMで使われていることも多いので馴染みのある曲が流れると思わず口ずさんでしまいます。ウェディングパーティーではBGMの一つとして「Ob La Di-Ob La Da」(オブラディオブラダ)を選曲、私の中では思い出の一曲となっています。

アメリカ出身、ビートルズのコピーバンド“The Return” (ザ・リターン)

The Return公式HPより

The Return公式HPより
当時の衣装も見事に再現

ザ・リターンはアメリカのアトランタ出身4人組バンド。容姿だけでなく音質や演奏テクニックまで高度なビートルズサウンドを演出・再現。彼らの完成度は往年のビートルズファンを唸らせるそうで、会場ではみんながヒートアップ!前回2015年のツアーでは『ヘルプ!』などスタンダードな曲も披露。若い世代にも楽しめ、中高年世代は50年前へタイムスリップさせてくれることでしょう。日本での知名度、活躍の場をさらに広げています。

枚方でライブ公演

なんと今年ザ・リターンは再来日し、ジャパンツアー2017を開催予定。しかも東京公演だけでなく枚方でもということで、関西のみなさんにとっても朗報!
京阪枚方市駅から徒歩3分の 枚方市民会館 大ホールにて行われます。遠方から来られる方は、会場専用駐車場はありませんが周辺にはコインパーキングがあります。ただし、駅近なのでちょっと料金が高いです。枚方の幹線道路は非常に混雑しやすいので公共機関を利用するのがベストかも。
近くには HIRAKATA T-SITE(枚方)もあり、開演までの空き時間には本を読んだり食事やお茶を楽しむことができますよ。

まとめ

ビートルズサウンドを聴いて気分を盛り上げよう~♪

日時 3月12日(日)16:30開場 17:00開演
ところ 枚方市民会館 大ホール (枚方市岡東町8-33)

★全席指定 S席 4500円 A席 4200円 (当日券は各500円増)

★チケット情報・販売・予約
枚方市民会館 072-843-1122
チケットぴあ 0570-02-9999
ローソンチケット 0570-084-005
ひらかた観光ステーション 072-843-4125(窓口販売のみ)
マイライフ新聞社 072-859-3340
大東楽器Muse Duo 072-841-5000

★お問合せ
(公財)枚方市文化国際財団 072-843-1123

 

 

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
森 美津穂

森 美津穂

2016年9月株式会社トムコくずは・京田辺店ラディッシュ企画編集室の立ち上げとともに活動スタートとなりました。 休日は少年野球をしている息子の応援へ行ったり、友人とカフェや雑貨巡り、暇なときは100均の店内を1〜2時間あてもなく(?)ぶらぶらするのが好きです。 自分の持っているものを最大限に活かせるよう頑張っていきたいと思います。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム