知らなかった世界 華麗なレースドール・上絵付けの展示会をご紹介

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

4月も半ばになり、過ごしやすくなってきましたね。そろそろ衣替えを・・・かな?と思ってるこの頃ですが、なかなかできないでいるトムコ垂水・西神店の望月です。
さて、ラディッシュ新聞の3・4月号でご紹介させていただいた神戸市西区の上平田さん。
4/19(金)~4/27(土)まで神戸らんぷミュージアムでレースドールと上絵付け展が開催されます。ぜひ一度覗いてみてください。

レースドールってどんなもの?

レースドール・上絵付けは18世紀の初めドイツ・マイセンで誕生し、中世ヨーロッパの貴族の間で競って発展した。レースドールは型抜きしたボディに専用の泥を染み込ませたレースを丁寧に付けていく。高温の窯で焼くことで、レースの形状だけが残り陶磁器に。気の遠くなるような繊細な工程で、窯入れを3~6回繰り返し、直径5ミリ程のバラ等もすべて手作業で行う。その繊細で優雅な姿が魅力です。

展示会ご紹介

日時:4/19(金)~4/27(土) AM10:30~PM16:30
場所:神戸らんぷミュージアム2階 入場無料
休館日:月曜日(※22日は休み)

まとめ

取材をするまでは、知らなかったレースドール・上絵付けの世界!!とても繊細で作成に時間がかかることにも驚きました。なかなか自分が思った通りにできないこともあり、だからこそ出来上がった作品には、愛着があり、大切な宝物になるのだと感じました。皆さんもぜひおでかけの際は覗いてみて下さい。

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
望月都紋子

望月都紋子

トムコ垂水・西神店ラディッシュ企画編集室でラディッシュ新聞に携わっています。趣味は旅行、バスで行く日帰り旅行が大好きです。バラエティー番組が好きで毎日大笑いしています。楽しい話題をお届けします!
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook