洗面・トイレ空間にも遊びを!journal standard Furniture × Panasonicで叶う理想の水回り

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ありきたりの空間に辟易・・洗面所やトイレだってもうちょっとスタイリッシュにならないの?そんなあなたにオススメ!コストパフォーマンスの高い既製品を使いながらも、もっと自由に自分らしい空間をつくりませんか?

目次

  • コンセプト
  • スタイリングは・・あのjournal standard Furniture!
  • 洗面化粧台とトイレの製品はPanasonicから
  • なにがすごいって・・決して高くないんです。
  • カタログはまるでインテリア雑誌のよう
  • まとめ

コンセプト

img_men_toilet

MY FAVORITE PLACE
もっと自由に、自分らしく。存分にインテリアを楽しむお気に入りの場所

あたりまえの風景を素敵に変えたい。身を置くだけで、心からくつろげる
大切なモノに囲まれた空間。
あわただしい日常から解き放たれる
新しい洗面・トイレルームをつくりませんか。

 スタイリングは・・あのjournal standard Furniture!

img_women_dressing

journalstandard Furnitureは、時流を加えたファッションのようなスタイルを提案するjournal standardのインテリアショップ。ヴィンテージと今風をミックスした商品展開で、スタイリッシュな空間を実現します。

洗面化粧台とトイレはPanasonicから

洗面化粧台の商品名は「シーライン」トイレの商品名は「アラウーノ」いずれもPanasonic製です。シーラインはお子様の目線の高さにもミラーがついていたり大型の美容家電もすっきり収納できるよう工夫されていたりと、「子育てのしやすさ」と「女性の使いやすさ」を考えてつくられています。またアラウーノは台所用中性洗剤を使用して作られる泡の力で、用を足す際のトビハネをガードしてくれます。もちろんアラウーノという名の通り、泡の力で使うたびにお掃除もしてくれるすぐれものです。

なにがすごいって・・決して高くないんです。

img_men_dressing

スタイリッシュな見た目であったり、カラーバリエーションが豊富な洗面化粧台と聞くと、ついお値段は・・?と聞きたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。PanasonicのC-Lineは、同メーカーの中では普及価格帯の商品です。上のプラン(フロートタイプ・900mm)で225,500円ほど(別途部品などが必要になる可能性あり)。この価格は他メーカーの製品などと比べても決して高い金額ではありません。それなのに!です。ヴィンテージな質感を持つこの洗面化粧台があるだけで、まるでjournal standard furnitureの店舗にいるかのようなインテリアを実現することができます。

■Cline:HP http://sumai.panasonic.jp/dressing/c-line/styling/

■アラウーノ:HP http://sumai.panasonic.jp/toilet/

カタログはまるでインテリア雑誌のよう

DSC_0200

DRESSING&TOILET STYLEBOOK

Panasonic社が発行している専用カタログは見ているだけでも楽しくなる、まるで雑誌のような仕上がりです。上の写真をクリックするとパソコン上でご覧いただくことができます。そしてこのカタログのすごいところは、掲載されている雑貨についても情報が載っているところ!

無題

カタログの後半には雑貨の取り扱いメーカーが掲載されています。なんて親切なカタログなんでしょう。

まとめ

ちょうど一年ほど前に自宅の改修をした際、マンションで間取り変更がきかず既製品が入りにくいサイズだったため、どんな洗面脱衣室空間にしようかとても悩みました。そんな中でみつけたのがこの「シーライン」。ヴィンテージな装いで空間としてもおしゃれ!なのに、お手入れのしやすさにもこだわって開発されているのでお手入れが楽!家事と仕事に追われる日々の私はとても助かっています。我が家のビフォーアフターもいずれご紹介できればと思います。
洗面脱衣室やトイレのリフォームをお考えの方。普通とは一味ちがうリフォームをしてみたい方。オーダーだと仕上がりを創造するのが難しく冒険するのには勇気が・・というあなた。こちらのカタログを一度手に取ってみてはいかがでしょう?

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
白石 彩

白石 彩

1児(娘)の母です。長女を出産するまでは設計士としてお客様の想いに寄り添うリフォームのご提案に努めてまいりました。復帰後は家事に育児に奮闘しながら、お得意様を中心にリフォームのご提案をしています。自宅を自分好みに全面改修したのが自慢!最新の機器からアンティークまで。みなさんのお役に立てる情報をお届けします。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム