暖かくなってきた今こそ掃除しましょう☆

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

暖かくなってきたな~と思っていたら、一瞬のうちに満開を迎えた桜。お花見に早く行かなくては!!と近くの公園へ家族で花見に行く計画を慌ただしく立てているラディッシュ編集室の今井です。今回紹介するのは、セスキと重曹を使ってのキッチン掃除方法です☆年末、忙しくてちゃんと出来なかった方、水が冷たいからと大雑把にやった方。ぜひ、参考にしてみてください。

目次

  • セスキって?
  • 我が家のキッチンBefore →After
  • まとめ

セスキって?

セスキとは、セスキ炭酸ソーダの事。セスキ炭酸ソーダは、重曹よりも水に溶けやすく、洗浄力があるのに手荒れの心配がほとんどないと言われています。変質しにくいので常温で長期保存もできます。現在、100円均一でも多数売られているので買いやすいですよ。

得意な汚れ

皮脂や垢など軽い汚れの洗濯や、ひどい油汚れの下処理

血液汚れ

台所のベタベタ汚れ

取っ手やスイッチ、器物表面の手垢汚れ

苦手な汚れ

激しい泥汚れ

機械油や口紅などの頑固な油汚れ

衣類のシミ(シミには漂白剤が一番効きます)

セスキスプレーの作り方

スプレーボトルに水(500ml)を入れ、その上にセスキ炭酸ソーダ(小さじ1/2)を入れ混ぜる。
手で触れたとき、ヌルっとする位が目安です。

使用時の注意点

アルカリ性の強いセスキ。アルカリはタンパク質を溶かすので、手荒れしやすい人はゴム手袋をして作業するようにしましょう。皮膚について、ヌルヌルしたときは、まず水で十分に洗い流してください。それでもヌル付きが取れない時は、酢やクエン酸を少量振りかけてよくなじませて流すと中和されおさまります。
また、セスキ自体が湿気を吸うと固まることがありますので、保管する時にはきちんとフタをしておくと良いです。

我が家のキッチン Before → After

セスキについて、いくら説明しても一見は百聞に如かずですよね。
我が家のキッチンをセスキで掃除したときの様子を見てもらいたいと思います。

魚をよく焼く我が家。換気扇前の天井が黒くなっている事が気になっていたのですが、油汚れに埃が吸着されていてなかなか取れない。。。以前、市販のレンジ回り用洗剤で拭いたのですが、汚れを広げてしまったように感じてそのまま放置していました。それが・・・

セスキを水に溶かしたものを汚れている所にスプレーすると、娘の軽い力でもスススススッと汚れが取れました!!

ガスレンジの表面、ガスレンジ側面の壁、換気扇の外側など、油跳ねによる汚れはすべてセスキスプレーをして拭き取ると綺麗に!

こんな油汚れも

スプレーして軽く拭き取れば。。。

こんなにピカピカに☆

 

しかし。。。換気扇自体の油汚れが強い所はセスキより重曹の方が掃除しやすかったです。

こちらが重曹

重曹を粉のまま油汚れに撒き、ゴム手袋でクルクル円を描くように汚れを取ると、重曹に汚れが吸着しボロボロっとしたカスが出てきます。これをまとめて捨てるだけでOK。とってもきれいになりました。

一方セスキ

分かりにくいですが、こちらは油に溶けて汚れは取れるのですが、ドロドロになった汚れがゴム手袋にくっついて洗っても取れない。。。ゴム手袋を捨てる羽目になってしまいました。。。。

まとめ

今まで、コレがいいかも??こっちの方が取れそう!だけど、、、いい値段するな~。と、色々な洗剤を試しては続かなかったレンジ回りの掃除。セスキ炭酸ソーダなら100円均一に行けばいつでも購入できるし、水と混ぜるだけなので簡単に作れる。最近はかわいいスプレーボトルがいっぱい売っているので、自分の好きなボトルに入れれば気分も上がる。セスキスプレーを作ってから、換気扇内部までは無理ですが、朝ごはんの食器を洗ったついでにレンジ回りの拭き掃除までササっとできるので見た目綺麗なキッチンをキープ出来ています。頑固な油汚れもスルっととれるので、みなさんも楽しく掃除してみてくださいね。

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
今井令子

今井令子

トムコ垂水・西神店ラディッシュ企画編集室の今井です。小学生の男の子と女の子と2匹のワンコのため色々ハンドメイドするのが趣味です。人にできて自分に出来ないわけがない!と、やりたいと思ったらすぐ実践してしまうので、やって良かったこと、やっぱり無理だったことを皆さんにお伝えできれば嬉しいです。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム