今年の冬は快適に!ひだまりのような暖かさのガス温水床暖房

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

11月に入り急に寒くなってきましたね。夏が来ると『暑いのは苦手。着込める冬の方が耐えられる…』と話し、そして冬が来ると『こんなに寒いと出掛けるのも億劫になっちゃうし、やっぱり暑い方がいいな』と毎年同じ会話をし、結局どっちが好きなのか未だに答えが出ていないラディッシュ企画編集室の原です。冷房器具といえばほとんどの方がエアコンをお使いだと思いますが、暖房器具は皆さん何をお使いですか?エアコン、ファンヒーター、ストーブ、電気カーペット、こたつ、床暖房など沢山ありますが、今回は我が家おすすめのガス温水床暖房についてお伝えしたいと思います。

目次

  • ガス温水床暖房とは
  • 床暖房のメリット&デメリット
  • 気になる光熱費を少しでも安くする方法
  • まとめ

ガス温水床暖房とは

Rinnai HPより

ガス温水床暖房とは熱源機で加熱した暖房用の温水を、暖房用のポンプでお部屋に設置した床暖房に循環させ、その熱を利用して暖房する仕組みです。床面全体からの【ふく射熱】【伝導】【対流】の3つの熱の伝わり方でムラなく暖かさが伝わります。熱は壁や天井に一度吸収され、再びふく射されるため部屋全体に暖かさが行き渡ります。

床暖房のメリット&デメリット

暖気は上昇するため足元が温まる床暖房は効率が良く、暖房の王様ともいえる優れものです。そんな床暖房のメリット&デメリットについてあげてみたいと思います。

メリット

・足元から暖かい

・空気や肌が乾燥しにくい

・ホコリが舞いにくく空気がクリーン

出典/東京ガス(株)

・部屋全体が暖まる

・器具の出し入れの手間なし!お掃除もラクラク

・家族が快適な暖かい部屋に集まるので団欒の時間が増える

・お得なガス料金メニューが適用になる


デメリット

暖まるのに時間が少しかかる
・初期コストがかかる
・設置工事が必要

気になる光熱費を少しでも安くする方法

①運転スイッチのON/OFFの回数を減らす
床暖房は立ち上がり時にエネルギーを多く使って暖め、その後は自動で省エネ運転します。安定時は1時間あたり約8円、立ち上がり時は1時間あたり約30円と安定時と比べると約4倍のコストがかかります。ON/OFFを繰り返すと何度も立ち上がる時のコストがかかるためできるだけ回数を減らすことで節約になります。

②お得な料金プランに変える
大阪ガスのGAS得プラン「床暖料金」は床暖房のガス代だけでなく、家中すべてのガス代が24時間いつでも割引になります。ガス温水床暖房をお使いの方は一般料金に比べて約19%お得になる家計に優しいプランなどもあります。詳しくはこちら

まとめ

リビングの壁にあるスイッチひとつで灯油を汲んだり、器具を引っぱり出してきたりという手間も一切いらない手軽さもオススメのポイントです。エアコンは温風を受けるため頭がボーッとしたりすることもありますが、足元から暖める「頭寒足熱」の床暖房なら勉強や仕事もはかどりますよ♪

これから床暖房のリフォームをお考えの方は大阪ガスHPをご参照下さい
詳しくお聞きになりたい方はお気軽に下記にお問い合わせくださいね♪

大阪ガスサービスショップ トムコくずは京田辺店
〒573-1105
大阪府枚方市南楠葉1丁目1-26
0120-46-1065

 

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
原 美由紀

原 美由紀

トムコくずは・京田辺店 ラディッシュ企画編集室の原です。 ホームパーティーを企画したり、子供の友達などたくさん集めてイベントをすることが大好きです。 お喋りも大好きなので、これからお仕事でもたくさんの方に出会ってお話できること楽しみにしています。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム