消臭剤と芳香剤の違いって?それぞれの効果的な置き場所

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ラディッシュ企画編集室の原です。皆さん消臭剤と芳香剤の役割ご存知ですか?先日 外出先から帰って部屋に入った時にちょっとイヤ~な臭い(生活臭)がするなぁと思い、アロマを焚いてはみたものの根本的な原因が排除されていないので、次の日もやっぱり臭いが…。車に乗った時にも車内の臭いが気になる時には芳香剤で臭いをごまかしていました。そこで気になって調べてみると消臭剤と芳香剤では用途も効果的な使い方などが違うことがわかりました。今回はこの違いを皆さんにもお伝えしたいと思います。

目次

  • 消臭剤と芳香剤の違い
  • 効果的な置き場所&使い方
  • タイプも様々!人気商品紹介
  • まとめ

消臭剤と芳香剤の違い

臭いを消す消臭剤(脱臭剤)

消臭剤は、臭いの元となっている成分を中和させるなどして、悪臭を感じさせなくしていきます。ほとんどの商品では、化学反応を利用しているものが多いようです。
冷蔵庫の中におく商品でおなじみの脱臭剤は、多くの場合、活性炭などを利用して臭いを吸着する方法がとられています。消臭剤と比べると、物理的な手法といえます。また、生ゴミ用の容器に使われている方法には、微生物を使った生物的消臭法などもあります。いずれの商品も、臭いの元を断ち、不快な臭いを感じなくすることを目的としています。

心地よい香りを加える芳香剤

芳香剤には、消臭成分は含まれていません。より強い香り成分が空中に放出され、不快な臭いが消えた様に「感じる」だけで、実際には元の臭いが消えることはありません。いわば、臭いに匂いをかぶせるような方法といえるでしょう。そのため、強力な悪臭がある場所には向きません。また、トイレやキッチンでは他の臭いと混ざり、より不快感が増す恐れがあります。リビングや寝室など、それほど元の臭いが気にならない場所に対して、心地よさをプラスしたい場合に適しています。

消臭剤は芳香剤の香りまで消しちゃうの?

芳香剤は香りを出すもの、消臭剤は臭いを消すもの、と考えるとせっかくの香りまで打ち消しそうな気がしますよね。でも、消臭剤は「悪臭」といわれる決まった成分にのみ、反応するように作られています。例えば、トイレ専用の消臭剤はアンモニアや硫化水素といった特有の臭いに効果があります。そのため芳香剤から香る成分に対しては、それを消してしまうことはありません。安心して併用しながら香りを楽しむことができます。

効果的な置き場所&使い方

消臭剤と芳香剤をより効果的に使うには、置く位置が肝心です。臭い成分は空気よりも重いため、上から下へと流れます。消臭剤を床に、芳香剤を鼻よりも高い位置に置くことで、悪臭が消えて良い香りを感じます。靴箱などに消臭剤を置く場合も、下の段に入れると効果があります。
また、部屋全体の空気の流れを意識することも大切です。風の通りを考え、空気の上流に芳香剤を、下流に消臭剤を置きます。キッチンなどではゴミ箱と換気扇の間に消臭剤を置けば、悪臭が拡散するのを防ぐことができます。

タイプも様々!人気商品紹介

消臭剤は使う場所に合わせて選ぶ

消臭剤のタイプには、スプレーと置き型があります。内容もミストやエア、固形、液体、ゼリー状、ビーズなどさまざま。使う場所に合わせて選ぶことができます。

○消臭剤のタイプ別人気商品

メーカー タイプ 使う場所
P&G ダブル除菌 ミスト カーテン・ソファ・カーペットなど布製品
東芝 光触媒 スプレー 布・繊維製品
小林製薬 置き型 ビーズ 玄関・リビングなど
エステー プラグタイプ コンセント式消臭 リビング・玄関・廊下
ジョンソン センサー モーションセンサー型 玄関・リビングなど

手軽なミストタイプは、衣類などさまざまな用途で人気があります。光触媒を利用した新登場の消臭スプレーは、電灯の光などによって効果を発揮。持続性があり、高い消臭力が期待できます。ビーズタイプは比較的安価で、減り具合がわかりやすく湿気の心配もないため、オフィスなどに使うのに向いています。 

幅広い価格で大進化をとげる芳香剤

香りに敏感な若い女性や主婦を中心に、芳香剤はおうちのフレグランスとして欠かせなくなっているようです。お手頃なものから高級品まで、気分に合わせて選ぶことができます。

メーカー・商品 特徴
サワデ― スティックタイプ スティックを好みの本数立てて使用男性用香水のような香り
ランドリン ミスト スプレータイプ 清潔感のある軽めの香り
ジルスチュアート 人気ブランドのファブリック用ミスト  シャンプーなどとライン使いができる
シャルダン スティック 価格が手ごろだが上品な香りが楽しめる種類も豊富
ヴィクトリアズシークレット ボディミストにも、ルームフレグランスにも使える。女性らしい華やかな香りが魅力
リナジット 置き型 12種類の香りが選べる コスパが優秀
カルゴン ボディミスト、ルームフレグランスに使える。人気はタヒチアンオーキッド

おなじみのミストスプレーの他、香りが続くスティックタイプにも人気があります。海外発のボディミストは、ルームフレグランス、カーフレグランスとしても使え、日本製品にはない個性的な香りで愛用者が増えているようです。

※HP「オフィス用品の教科書」より引用

まとめ

部屋がなんだか臭うなぁと思ってアロマを焚いてごまかしていた私。今回調べて消臭剤と芳香剤の違いがわかったので、臭いの気になる所の出来るだけ下段の方に消臭剤を置いてみました。すると臭いが全然気にならなくなり、トイレや洗面所、玄関の鼻より高い位置に芳香剤を設置してみると今までよりも良い香りで心地よく過ごせるようになりました。皆さんもぜひ設置場所や用途を工夫して効果を実感してみて下さい♪

 

済ミカタサービス

The following two tabs change content below.
原 美由紀

原 美由紀

トムコくずは・京田辺店 ラディッシュ企画編集室の原です。 ホームパーティーを企画したり、子供の友達などたくさん集めてイベントをすることが大好きです。 お喋りも大好きなので、これからお仕事でもたくさんの方に出会ってお話できること楽しみにしています。
ブログの読者になる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

トムコの住ミカタ・リフォーム
  • facebook